二コレットよりチャンピックス

最近ではいろいろな禁煙方法が出てきてたので、禁煙方法の選択肢が広がっています。また、禁煙外来として、医療機関で治療を行うこともできるようになってきていますから、自分の意思だけでは、禁煙が難しい場合は、このような禁煙外来を利用するとよいかもしれません。そこで、禁煙に使われる方法として代表的なものとしては、ニコレットやチャンピックスなどを摂取して、禁煙するという方法があります。この両者の違いは、ニコチンを含んでいるかどうかの違いになります。チャンピックスの作用としては、もし喫煙をした場合は、タバコがおいしく感じないように作用します。その結果、タバコを吸わないようになり、禁煙を確実に行うことができるようになります。一度禁煙週間が身につけば、それ以降はチャンピックスを服用する必要もないので、禁煙ができるまでの間の利用となります。ニコレットにおいても、同様の効果を得ることができますが、ニコレットの場合は、ニコチンを含んでいるので、毛細血管が収縮しますから、特に女性にとっては、禁煙をしていても肌のハリなどにも影響が出てきます。また、男性にとっても毛細血管を収縮させますから、血圧の上昇を招く恐れがあります。さらに、ニコチンによる毛細血管の収縮は骨と骨の間のクッション機能の役割をしている椎間板にも影響を与えることがあります。椎間板は身体を動かす時に、重要な部分でもありますから、なるべくであれば、ニコチンは摂取しない方がよいといえます。確かに、ニコレットの方が、ニコチンを含んでいるので、比較的楽に禁煙ができるということも言えますが、禁煙以外でデメリットがありますから、総合的に考えれば、ニコレットよりもチャンピックスの利用の方が有利であるということが言えます。
↓当サイトでお勧めしているチャンピックスの購入サイトです
チャンピックス(バレニクリン)通販
↓やっぱりニコレット?禁煙ガムにはお手頃なジェネリックもあります
禁煙ガム