たばこが止められない時はニコレットと腹式呼吸

たばこが体に悪いということは、よく知られています。
しかし、体に悪いとわかっていても、なかなか禁煙できない人が世の中にはたくさんいるのです。
たばこを止められないのは、大きく分けて2つの依存が原因とされています。
ひとつは、身体的依存、もうひとつは、心理的依存です。
身体的依存は、ニコチンに対する薬物依存です。
体からニコチンがなくなると、ニコチン欠乏によってイライラなどの欠乏症状が現れます。
そして、心理的依存は、たばこを吸うことが生活習慣となってしまっている状態です。
この2つの依存から脱出するには、禁煙補助剤が助けになります。
禁煙補助剤を使用しないで禁煙すると、強力なニコチン離脱症状と戦わなくてはなりません。
心理依存についても意志の力で克服する必要があるため、禁煙補助剤がないと挫折する人が多いのです。
一方、禁煙補助剤を使用して禁煙した場合は、ニコチン置換療法によって、ニコチン離脱症状を軽減することができます。
禁煙補助剤で非常に有名なのが、ニコレットです。
ニコレットでニコチン置換療法を行うと、たばこを吸いたくなってイライラする症状が抑えられます。
そして、ニコレットでニコチン離脱症状が緩和されることにより、たばこを吸うという生活習慣に、少しずつ距離を置くことができるのです。
禁煙には、腹式呼吸もおすすめです。
腹式呼吸をすると、体の中に多くの酸素が入るため、体がリラックスして、ニコチン離脱症状にも効果があるのです。
毎日、腹式呼吸を実践していると、たばこを吸いたいという気持ちが徐々になくなっていきます。
腹式呼吸をすることで、体そのものも健康になるので、一石二鳥です。
ニコレットと腹式呼吸を使えば、無理なくたばこを止めることができるのです。